薬剤師の転職と年収事情について

製薬会社では

薬剤師はいろいろな働き方がある企業に薬剤師ととして転職することも製薬会社では

企業でも研究だけではなく、自分が行っている実験内容についてしっかり精度管理して正確性を増したり、それの保証や特許を得るための説明などコミュニケーション能力や真実を明確に伝える力は求められます。
製薬会社では検査機器を取り扱っている会社もありその説明に回されることもあります。
企業の場合はお薬だけではなく、検査機器や他の治療方法との関係など病院で勤務する薬剤師とは違う幅広く医療に関われます。
病気を治すためには検査も大事なので、その機器は薬の研究で使われているものが使われていたりもするので、看護師さんや臨床検査技師の方に新しい機器を導入したときに説明に行ったりします。
大学の学生さんに説明したりもします。
また、一番のやりがいは今まで薬がなくて困っていた人に薬を届けられたリ、値段が高くて臨床に役に立たないと言われていた薬が市販薬になったりするとすごくうれしい気持ちになります。
副作用が少ない薬やプラセボ作用ではなく、しっかりした成分で聞くことが証明されたりするとしっかり医療に貢献できている感じがします。
また、栄養士の資格を取り、糖尿病チームやエイズの治療チームに所属して他の医療従事者と協力して薬剤師の視点から患者サポートに取り組むこともできます。
直接病気の治療に向き合えることがやりがいですし、年収も企業や薬剤部で働くのと変わらないです。